実験用途別

マウス・ラット記録実験 / イメージング観察

実験用途別

マウス・ラット記録実験 / イメージング観察

マウス・ラット記録実験 / イメージング観察

細胞外記録・マルチレコーディング

チャンバー固定方式(head-fix)を用いた脳定位固定装置は、SR-9M-HT(マウス)/ SR-10R-HT(ラット)がございます。 頭部に貼付したチャンバーをしっかり押さえることで、三点固定を外しても脳定位固定が可能です。 その為、聴覚実験や視覚実験(行動実験など)を覚醒下で行うことができます。

SR-9M-HT

SR-9M-HT

脳定位固定装置(マウス/慢性用)

聴覚実験
視覚実験

セット例(マウス/慢性用)

セット例(マウス/慢性用)

マルチレコーディング用システム:セット例(マウス/慢性用)

SR-9M-HT

脳定位固定装置(マウス/慢性用)

頭部に貼付したチャンバーを固定することで三点固定を外しても脳定位が出せます。

SMM-200

固定装置用マイクロマニピュレーター

記録用の電極などを保持するマニピュレーター。AP / ML 同時傾斜で自由な角度からのアプローチが可能です。

SMM-100

固定装置用マイクロマニピュレーター

記録用のマニピュレーター。傾斜はAP / ML どちらか一方向で、用途に応じて入れ替えが可能です。

SM-25C

固定装置用マイクロマニピュレーター
(薄型、一次元油圧)

薄いボディと先端の細い専用ホルダーで狭いスペースも有効活用できます。光ファイバー保持など、刺激用に。
オプション・アクセサリ

MO-10

一次元油圧マイクロマニピュレーター

SMM-200などと組み合わせて使用するペンシル型の遠隔操作が可能なマニピュレーターです。固定装置用マニピュレーターへの搭載はSMM-HDが必要です。

SMM-HD

マルチユーズホルダー

MO-10やシリンジなど、ø4~10mmの円筒状の物を保持できます。(保持対象:長さ25mm以上)

SMM-HB

シリコンプローブ用ホルダー

幅2.5~5mm、厚さ2mm以下、長さ12mm以上のプローブを保持できます。(Neuro Nexus社:Q4, A16, A32など)

SMM-A

アタッチメント

マニピュレーターを傾けた際、ターゲットから外れた針先を頭部へ近づける為のアタッチメントです。SMMシリーズのX軸側面へ取り付けて使用。

ラット用の場合

ラット用の場合
① SR-10R-HT
脳定位固定装置(ラット/慢性用)

ラット用は、上記システム ①SR-9M-HTSR-10R-HT|脳定位固定装置(ラット/慢性用)となります。 チャンバー固定方式を取り入れたラット用脳定位固定装置。三点固定を取り外し、視野を広げることができます。 また、APバーが視界に入らないよう全体的に前へ移動させることができます。

SR-10R-HT

SR-10R-HT

脳定位固定装置(ラット/慢性用)

三点固定
チャンバー固定

関連製品 & アクセサリ

型式 名称 特長
固定装置 SR-9M-HT 脳定位固定装置(マウス/慢性用) チャンバーフレームをマウス/ラットの頭部に貼付し、これを固定することによって無麻酔状態で繰り返し定位に固定することが可能です。 チャンバーフレーム貼付後は、イヤバーや口鼻押さえ金具を使わずに定位固定ができる為、視覚や聴覚などへの刺激を行うことができます。 また、動物の前方が広く取れるので、課題をかけるなどの報酬実験にも最適な装置となっています。
SR-10R-HT 脳定位固定装置(ラット/慢性用)
追加一軸 DMA-1551 固定装置用電動一軸マイクロマニピュレーター(デジタルスケール付) マニピュレーター(SMMシリーズ)に搭載して使用します。速度/距離/インターバルなどが設定でき、記録実験に便利です。
MO-10 一次元油圧マイクロマニピュレーター 駆動距離10mm、ハンドル一回転約500µm。SMMシリーズへの取り付けは、SMM-HDが必要となります。
ホルダーアクセサリ SMM-HD マルチユーズホルダー ø4~10mmの円筒状の物を保持できます。クランプ用の金具は左右入替えが可能です。
SMM-HA シリコンプローブ用ホルダー シリコンプローブをシャフトの直線状に保持できるホルダーです。Neuro Nexus社:A16、A32など保持可能。
SMM-HB シリコンプローブ用ホルダー シリコンプローブをシャフトの離れた位置で保持します。Neuro Nexus社:Q4、A16、A32など保持可能。
SMM-A アタッチメント ø8mm用のアタッチメントです。傾斜によって針先が頭部からずれた時などに位置調整が行えます。
オプション GM-4 麻酔用マスク(マウス用) 気化麻酔の際に、脳定位固定装置の口鼻金具へ装着して使用します。 装着時はマスクが鼻押さえの代わりとなります。 吸引麻酔用チューブの取付部は外径ø4mmとなっています。 麻酔器は別途ご用意ください。

SGMシリーズ付属の麻酔用マスクとは形状が異なり、互換性はありません。ご注意ください。

GM-3 麻酔用マスク(ラット用)

観察・in vivo イメージング用 頭部固定

二光子顕微鏡下でのイメージング観察に特化した頭部固定装置(マウス対象)

二光子顕微鏡下でのイメージング観察
MAG-2
頭部固定装置
(角度付/マウス用)

MAG-2

チャンバー固定方式を利用した小型頭部固定装置です。

角度調整機構が付いており、顕微鏡下へ設置した状態で前後左右方向(円弧)へ傾斜を付けることができます。

より深い位置のイメージを取得することが可能です。

MAG-1
簡易頭部固定用プレート
(マウス用)

MAG-1

SR-9M-HTにてチャンバーを貼付したマウスの順化や、真上からの観察に適した、小型で軽量な固定用プレートです。

単にチャンバーを貼付する作業でも使用可能です。

貼付作業は別途マニピュレーターなどが必要です。

傾斜をつけることで、樹状突起に対してまっすぐ観察することができます。(MAG-2のみ)


脳定位固定装置の上板を利用した観察(マウス・ラット対象)

SR-9M-HT/SR-10R-HTは、ベースから上板部分を取り外すことができます。 取り外した上板をブリッジステージ(特注)上に載せることで顕微鏡観察が可能です。 上板だけの購入も可能で、SR-5M-HT/SR-6R-HTの上板とも交換できます。

SR-9AM
頭部固定装置
(マウス/慢性用)
SR-9AM
SR-10AR
頭部固定装置
(ラット/慢性用)
SR-10AR
上板を利用した観察

簡易固定から観察まで、自由度の高い頭部固定装置(マウス・ラット対象)

口鼻耳の三点固定による頭部固定装置です。関節が付いている為、おじぎ・首振り・回転方向への角度を付けられます。 イヤバーを支えているアームが目に干渉しない設計となっているので、顕微鏡での目の観察に最適です。 麻酔マスク付きなので用途に応じて使い分けが可能です。

SGM-4
頭部固定装置(マウス用)
SR-9AM
SGM-3
頭部固定装置(ラット用)
SR-10AR
SGM-4使用例

in vivoパッチクランプ用特注ステージ
in vivoパッチクランプ用ステージ
特注相談受付中!!

マウス・ラットをはじめとした、動物観察用のステージ(ブリッジステージ)は顕微鏡に合わせて作製する為、すべて特注品として承っております。

in vivo の観察もするけれど、in vitro 実験も行いたい…など、ご用途に応じて使いやすいステージをご提案いたします。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

※ステージの設計には、顕微鏡の寸法など、詳細が必要となります。


PDF カタログダウンロード

お問い合わせ

製品の詳細やデモ器の貸し出し、価格などについては、お気軽にお問い合わせください。

使用する(使用予定の)顕微鏡型式、サンプルの大きさ、作業内容をお知らせください。

ナリシゲカスタマーサポートセンター

03-3308-8232

受付時間 平日9:00~17:00

このページの先頭へ