第4回 玉川大学 脳科学トレーニングコース 2014 のご紹介

玉川大学脳科学研究所による「第4回 玉川大学 脳科学トレーニングコース 2014」が、2014年6月26日(木)~28日(土)に開催されます。

脳科学を志す人たちにおいて、分らない事や聞きたいことがあれば、直接学ぶことができる貴重なチャンスだと思います。

是非この機会にトレーニングコースに参加されては如何かと思い、ご紹介いたします。

玉川大学脳科学研究所では、大学院生や若手研究者に脳科学研究のための実験技術を普及する活動の一環として、脳科学トレーニングコースを毎年6月頃に開催しています。

例えば、ラット実習コースでは、げっ歯類などの小型哺乳類の脳活動の計測のために、慢性ラット用の脳定位固定装置 "SR-10R" を活用して、脳定位固定した状態で各種の行動課題を遂行させる行動・生理学実験を実習することができます。

詳しくは、同研究所ホームページをご覧ください。
http://www.tamagawa.jp/research/brain/

(参考)同研究所礒村研究室ホームページ「研究リソース」
http://www.tamagawa.ac.jp/teachers/isomura/resources.html

玉川大学脳科学研究所 礒村研究室
礒村 宜和

詳細情報

主催 玉川大学脳科学研究所
日程 2014年6月26日(木)~28日(土)
対象 学部学生・大学院生・若手研究者(未経験者歓迎・文理不問)
※研究室見学ツアーのみの参加も可(定員外/要申込)
費用 受講料3,000円
※交通費・宿泊費は各自負担
会場 玉川大学 脳科学研究所
締切 2014年4月末日
実習コース
  1. ラットのマルチニューロン記録と解析法
    <礒村 宜和> 定員4名
    行動課題を遂行するラットを用いて、大脳の多数の神経細胞の発火活動の同時記録法と解析法(スパイク・ソーティング)を学びます
  2. 霊長類動物の行動・神経計測・解析技術コース
    <鮫島 和行・坂上 雅道・木村 實> 定員6名
    マカクザルを対象とした課題設計、眼球や手の運動・単一神経活動・集合電位の計測法や数理モデル等を用いた解析技術を学びます
  3. ヒトのfMRI基礎実習コース
    <松元 健二・松田 哲也> 定員6名
    情動や社会脳科学のテーマでのヒトの行動課題の作成法を学び、お互いに被験者となっての脳測定実験およびデータ解析を行います
  4. 赤ちゃんの脳波計測と解析の基礎コース
    <佐治 量哉・岡田 浩之> 定員3~4名
    乳幼児の脳波計測に必要な基礎知識と手技、脳波解析法を学びます
  5. 逆転写定量PCR法による遺伝子発現解析コース
    <佐々木 哲彦・原野 健一・佐々木 謙(農学研究科)> 定員4名
    TaqManプローブを用いた逆転写定量PCR法で、ミツバチの社会行動に関与する遺伝子の発現解析を行います
  6. 社会科学実験入門コース
    <高岸 治人・山岸 俊男(東京大学 進化認知科学研究センター)> 定員4名
    経済ゲームを用いた実験計画の立て方、実験プログラム(VB)の作り方、実験の実施方法を学びます
共通カリキュラム

Jam Session ~分野を越えて思考の調和を奏でよう~
<酒井裕>(全受講者対象)
分野を越えた共通のテーマで、さまざまな人とグループ討論します

研究室見学ツアー 大学院オープンキャンパス併催コース
(研究室見学ツアーのみの参加も可・定員外・要申し込み)
担当外の研究室を含めて見学することができます
研究室:相原威・礒村宜和・大森隆司・岡田浩之・木村實・小島比呂志・酒井裕・坂上雅道・佐々木哲彦・佐治量哉・鮫島和行・高岸治人・松田哲也・松元健二 他

※受講者は全コース共通の実習テキストを使用します

※このトレーニングコースに関するお申込み・お問い合わせは、玉川大学脳科学研究所までお願いします。

ページの先頭へ戻る