文献・参考資料

The Marmoset Brain in Stereotaxic Coordinates

The Marmoset Brain in Stereotaxic Coordinates

著者
George Paxinos, Charles Watson, Michael Petrides, Marcello Rosa, Hironobu Tokuno *1
*1 東京都医学総合研究所
出版社
Academic Press
出版年
2011年
ISBN
9780124158184
関連製品
SR-5C, SR-6C, CA-6

本書は、マーモセット脳の最新のアトラスです。専門家による詳細なマップを見ると同時に、正確な脳定位手術のための精密な座標を知ることができます。

  1. ここで使われている脳の詳細な組織画像データや、追加の脳の画像は東京都医学総合研究所のデータベースでも公開されています。
  2. 脳定位固定装置は、成茂科学器械研究所による新規デザインのもので、このアトラスの標本の作製にも使われています。

このアトラスによって、今後の霊長類の脳研究がますます進展することを著者の一人として願っています。

東京都医学総合研究所 東京都医学総合研究所 脳構造研究室 徳野博信

ページの先頭へ戻る


細胞分離・操作技術の最前線

細胞分離・操作技術の最前線

監修
福田敏男, 新井史人

【第Ⅳ編 細胞の操作】第8章 生物学・医学分野におけるマイクロマニピュレーターの最前線
 ~シングル・セル・アイソレーション・システムの開発~

著者
長沼圭一 *1, 米山祐樹 *1, 小林卓 *2, 伊藤悦朗 *2
*1 株式会社成茂科学器械研究所, *2 徳島文理大学香川薬学部
出版社
シーエムシー出版
出版年
2008年
ISBN
9784781300047
関連製品
シングル・セル・アイソレーション・システム(特注製品)

身体の中の同じ領域に属する細胞は同じ性質をもつと考えられやすい。しかし、個々の細胞には個性があり、ひとつひとつの細胞をこまめに調べる必要がある。このシステムは、ひとつの細胞を丸ごときれいに採取することを可能にした。これで、細胞ひとつから遺伝子の発現量や特定のタンパク質の絶対量などが測定可能となった。

徳島文理大学・香川薬学部 伊藤悦朗

ページの先頭へ戻る


バイオテクノロジージャーナル 2006年9-10月号 Vol.6 No.5

バイオテクノロジージャーナル 2006年9-10月号 Vol.6 No.5

1個の細胞の中の1個のタンパク質の定量を目指して

伊藤悦朗 *1, *2, 渡部聡 *3, 伊藤敬三 *4, 米山祐樹 *5
*1 徳島文理大学香川薬学部, *2 北海道大学創成科学共同研究機構, *3 株式会社日立ハイテクフィールディング・分析装置部, *4 株式会社札幌バイオ工房, *5 株式会社成茂科学器械研究所

バイオテクノロジージャーナル 6(5): 609 -612 羊土社 2006

関連製品
シングル・セル・アイソレーション・システム(特注製品)

ページの先頭へ戻る


マンガ バイオテクノロジー入門

マンガ バイオテクノロジー入門

【第6章】1ミクロンの手紙

原作
成茂 栄一
協力
浜口 幸久
漫画
下栃棚 正之
出版社
日本機械学会
出版年
1991年
ISBN
9784888980586

学会誌の連載マンガという、いわば前代未聞の方式となった作品の単行本化。テーマごとに専門家が書いた原稿からシナリオを起こし、マンガ化するという手順で、難解なバイオテクノロジーの知識を上手に散りばめている。

第6章「1ミクロンの手紙」では、ナリシゲグループ創業者の成茂 栄一が試行錯誤を繰り返し、現在に至るマイクロマニピュレーターを作り上げた様子も描かれています。

ページの先頭へ戻る