展示内容

第88回 日本生理学会大会
第116回 日本解剖学会総会・全国学術集会 合同大会

日時
平成23年3月28日(月)~3月30日(水)(開催が中止となりました)
場所
パシフィコ横浜
担当者
木下 稔

近年の実験の多様化にあわせ、細胞レベルのパッチクランプ実験用機器から動物生体レベルのvivo実験関連まで、成茂科学器械研究所では幅広い製品取り揃えております。

また既成の製品ではまかないきれない実験の為に、実験にあわせた機器の製造も行っておりますので、是非弊社の小間で説明員にご相談下さい。

展示品


DMA-1511
固定装置用一軸電動マイクロマニピュレーター

DMAシリーズはステップ駆動や、目的とする座標を指定して駆動させるセット駆動など、多彩な駆動方式を有しております。 また位置的な制御にも優れており、ピペット先端の座標を把握する事が可能で、vivo実験に適した製品になっております。

ITS
アイソレーションシステム

ITSはアイソレーションテーブルシステムの略で顕微鏡と試料を離すという意味の製品になります。 これまでは主にスライスパッチクランプ用に使われておりましたが、シングルセルパッチクランプはもちろん改良されたブリッジステージでは2光子イメージング、更にはin vivoパッチクランプまで広い分野で使われる様になってきました。 今回はこれまでのITSと並んでブリッジステージ及びその電動制御システムを展示いたします。

EMM-3NV
三次元電動マイクロマニピュレーター

パッチクランプ用のEMM-3NVは優れた操作性と長い駆動距離を持ち、これまでの液圧式マニピュレーターと比べてドリフトがほとんどなくなっている為、安定したレコーディングが可能です。

本学会大会期間中これらの製品を展示しておりますので、是非ナリシゲブースにお立ち寄り下さい。

ナリシゲ製品に対するご質問やご要望、セットアップの仕方など、日頃よりお困りの事は何でもご相談ください。

展示会・学会情報に戻る