展示内容

日本動物学会 第81回 東京大会 2010(終了しました)

日時
平成22年9月23日(木)~9月25日(土)
場所
東京大学教養学部(駒場キャンパス)
担当者
山下 廣章

皆様のご要望を形にします。お気軽に相談ください。

ナリシゲは高校生から最先端研究者まで、幅広く、皆様の実験のサポートを致します。

お求め安く、コンパクトな設計で手軽に操作でき、指先の操作が繊細に針先と連動するマニピュレーターは、古くから世界中のユーザーに親しまれる存在となっています。

今後もより良い製品を作り続け、皆様にご使用頂けるマニピュレーターをお届けしたいと思っています。

初めて実験用セットを組まれる方や、新たな実験セットを検討中の方、カタログにない製品を思案中の方、等、皆様のお声をお聴きした上で最良の製品を推奨・提供させて頂くように致します。

お気軽にナリシゲブースにてご相談ください。

ページの先頭へ戻る


おかげさまで無事に終了することができました。

日本動物学会 第81回 東京大会 2010

ありがとうございました。

成茂記念動物科学シンポジウム

日時
平成22年9月24日(金)13:00~15:00
会場
Q(東京大学教養学部900番教室・講堂)
詳細
成茂記念動物科学シンポジウム

動物行動の変化の鍵を探る -学習・記憶のしくみを中心として-

動物行動は、経験や内的な生理変化によってダイナミックに変化する。このように柔軟な行動変化を可能にするのが「神経系の可塑性」である。ここでは、学習行動と体内の生理的変化に応じた行動変化について、若手による研究を紹介する。さまざまな種を用いた研究から、行動変化を説明する神経系の仕組みと働きがより深くまで見えてくるだろう。

成茂記念動物科学シンポジウム ポスター

PDF 拡大表示

ページの先頭へ戻る

展示品

IM-300
電動マイクロインジェクター
IM-9B
マイクロインジェクター
MN-4
マニピュレーター(粗動用)
MMO-202ND
三次元ジョイスティック油圧マイクロマニピュレーター(懸架式)
MM-3 + GJ-8
マイクロマニピュレーター + マグネットスタンド
PC-10
プーラー
SG-3N
頭部固定装置(ラット用)
SG-4N
頭部固定装置(マウス用)
IP
鉄板

ナリシゲ製品に対するご質問やご要望、セットアップの仕方など、日頃よりお困りの事は何でもご相談ください。

展示会・学会情報に戻る