展示内容

第36回 国際生理学会世界大会(IUPS2009)(終了しました)

日時
平成21年7月28日(月)~7月31日(金)
場所
国立京都国際会館
担当者
木下 稔

vivoもvitroもおまかせください!!

vivo向けの脳定位固定装置関連の新たなアプリケーションとして新製品:DMA-1511をご紹介致します。DMA-1511は電動一軸型のマニピュレーターで、脳定位固定装置関連の実験を大幅に効率化します。詳しい仕様に関しては、是非、展示会場にてお確かめ下さい。

もうひとつ、成茂科学器械研究所の脳定位固定装置へのこだわりとしてマーモセット用の試作品を展示致します。実験動物として扱いやすいマーモセットでの実験をこれからお考えの方や、既に扱っているが固定はどうしたらよいか等、お考えの方は、ブースにて是非お確かめ下さい。

一方で、vitro向けにはパッチクランプ用のマニピュレーター:EMM-3NVを新製品としてご紹介致します。EMM-3SVの後継機種として、今回パッチクランプ用のマニピュレーターラインナップに加わるこの製品は、EMM-3SVの優れた性能はそのまま継承し、より強固に安定性良くお使い頂ける仕様になっております。

その他にも生理学実験には欠かせない、多種多様な製品を取り揃えておりますので、ナリシゲブースに是非ともお立ち寄り下さい。

ページの先頭へ戻る

ランチョンセミナー12

Discover New Things by Studying the Past in Systems Neuroscienvce

日時
7月30日(木)13:00~14:00
会場
Room D

今回のランチョンセミナーでは、50年前から現在に至るまで第一線で視覚神経科学研究を続けていらっしゃる外山先生、そして、最新研究・技術に注目しながら明日の神経科学研究を担う脳機能研究者でいらっしゃいます池谷先生にご講演して頂きます。

座長
宮下 保司 先生(東京大学大学院 医学系研究所)

演目
見果てぬ夢 ~脳研究50年~
演者
外山 敬介 先生(脳情報研究所 計算脳イメージング研究室)

演目
神経科学研究の未来へ向かって
演者
池谷 祐二 先生(東京大学大学院 薬学研究科)

詳細
PDFファイル PDFファイル

おかげさまで無事に終了することができました。

第36回 国際生理学会世界大会 第36回 国際生理学会世界大会

ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

展示品

※特注に関するご相談は随時行っております。ぜひ特注ページもご覧ください。


ナリシゲ製品に対するご質問、ご要望又はセットアップの仕方など、日頃よりお困りの事は何でもご相談ください

展示ブース内にて、ナリシゲのテクニカルスタッフによる「カスタマーサポート」をおこないます。

学会参加会場においでの際に、ナリシゲ製品で不都合が生じた製品や、メンテナンスを必要とする製品などをお持ち頂けましたら、その場で簡単な修理オーバーホールを無償で行います。

※但し、一部修理内容(部品の交換等)によっては有料になることもございますのでご了承ください。

お持ちの機器の不都合をチェックする絶好のチャンスです。是非ともご利用ください。

展示会・学会情報に戻る